谷津遊園

かつて、千葉県習志野市に谷津遊園という遊園地が存在していた。

しかし、母体の京成電鉄自身の経営が悪化したことと東京ディズニーランドへの経営参画計画により、黒字経営であったものの1982年(昭和57年)12月21日をもって閉園した。

閉園時の従業員のうち、多くは東京ディズニーランドに移籍している。日本国内初のコークスクリューを含む2機のローラーコースターは北海道のルスツリゾートに売却。シンボル的存在であった観覧車は数年間放置されたが解体されて廃棄された。跡地に都市再生機構(旧公団)のマンションが建つが、バラ園については閉鎖を惜しむ声が上がったことからのちに習志野市が買収、「谷津バラ園」として運営している。

園内に、巨人軍発祥之地の碑がある。これは、1934年に来日したアメリカ選抜チームと対抗するために結成された東京六大学出身者を中心とした全日本チームがここで練習し、そしてそのチームがのちの東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)になった経緯からである。なお、京成電鉄は東京巨人軍の運営会社であった大日本東京野球倶楽部の筆頭株主でもあった。