中世の頃

イタリア・ルネサンスの時代には、栄光の古代ギリシャ・ローマが衰退したのちに、ゲルマン民族が支配する「暗黒時代」となり、ルネサンスというその名のとおり復興の時代を通って現在=啓蒙主義の時代に至ると考えられた。

よって暗黒時代は古代と現代の過渡期として中世と呼ばれた。

そこから古代-中世-近代の三時代区分法が生まれ、西洋史の大きな枠組みとして広く使われるようになった。生産関係に重点を置くマルクス主義歴史学(唯物史観)の5時代区分論(原始共産制・古代奴隷制・封建制・資本主義制・共産主義制)においても基本的には同様で、中世は封建制、農奴制社会とされる。ただし唯物史観においては古代から退化して現代にいたるのではなく、生産手段の継続的な進歩という進化論的視点がとられる。