スーツケースに女性遺体…

27日午後1時半頃、品川区の東京湾につながる京浜運河で「スーツケースが浮いている」と、船を操縦していた男性から届け出があったそうです。
警視庁の警備艇が駆けつけたところ、縦70センチ、横50センチ、幅が30センチの黒いスーツケースが浮かんでいて、中から遺体が見つかったとのこと。
目撃者の方は「水面から何か一部、顔を出しているような感じ。出っ張っているところが何なのか、近寄ったら水面下に大きなものが見えた。それがスーツケースのように見えると思いました」と、話しました。
遺体は30代から40代前後の女性とみられ、ピンクのキャミソールに水色のハーフパンツ姿で、膝を抱えた状態で、遺体に目立った外傷はないということです。
死体遺棄事件として捜査を始め、女性の身元と死因の特定を急ぐとともに、スーツケースがどこから流れてきたのか詳しく調べています。
殺人事件のニュースなど見ると、心が痛みます。
こういった事件が無くなってほしいですね。殺人を犯しても、何も生まれません…

20周年で新「たまごっち」

バンダイは6月1日、携帯玩具「たまごっち」の最新機種「Tamagotchi m!x」を発表した。7月16日に発売するという。
たまごっちは1996年11月の発売から今年で20周年を迎え、全世界累計8100万個以上売り上げたベストセラートイだ。真作Tamagotchi m!xはたまごっちの「育成」に加えて「結婚」と「遺伝」という新たな概念を導入したとのこと。
育成して大きくなると別のたまごっちに出会い、結婚すると親の特徴を引き継いだ次の世代が生まれて育成できるそうだ。何世代にもわたって育成すると隔世遺伝なども起き、家系図を確認することも可能だという。ゲーム機本体には赤外線通信機能が備わっており、本体同士や店頭筐体「Tamagotchi m!x Station」と通信し、たまごっちの行き来やアイテム交換ができるそうだ。
最近のたまごっちは「死なない」というのが少し前に話題になっていたが、90年代に一大ブームを巻き起こしたたまごっちがここまでロングセラー商品になるとは…。