内村光良、新聞で小説連載へ

内村光良が主演、脚本、監督を務め、10月22日に封切られる「金メダル男」。本作と同時に執筆が進められた内村による同名長編小説が、読売新聞の夕刊で4月4日より連載が開始されるそうだ。
同映画および小説は、内村が2011年に行った一人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとにしたものだという。世の中のあらゆる1等賞を獲得することに執念を燃やす男・秋田泉一の半生をユーモラスに描き出す。
新聞での連載に対して内村は「この小説執筆のお話をいただいた時、とても驚きました。日々多くの方々の手に届く新聞に、自分の文章が毎日載るなんて、夢にも思いませんでした。原稿の執筆は2015年夏から半年以上かけ、試行錯誤を繰り返しながら今なお進めています」と明かしたという。また「本作は、映画の脚本づくりや撮影、編集と同時並行して書き進めていくという、通常にはない新しい試みにもなりました。映画のワンシーンをヒントに小説では、少し違った世界を描いたり、その逆もあったりで相乗効果があったように思います」と振り返る。
全60回を予定している小説連載ではイラストレーターの五月女ケイ子が挿絵を担当。また6月25日にどう連載をまとめた文庫が発売されるそうだ。
お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良、というより最近ではバラエティー番組の司会や監督業など多彩な才能で活躍しているウッチャン。小説と映画、どちらも楽しみだ。

冷凍ビーフカツ転売問題、その後は

壱番屋ココイチの冷凍ビーフカツなどの転売問題で、現在産業廃棄物処理会社の「ダイコー」が、無許可の倉庫でも大量の廃棄品を保管していることがわかっている。県は早急に廃棄品を撤去するように命令した。
ところがダイコーは、撤去できないとしているのだ。
営業停止状態のダイコーは、自力での撤去は困難であるとしている。転売捜査の際、ダイコーの銀行口座は凍結し、出金できないためだという。
よって県はダイコーに廃棄品の処理を委託いた製造業者に、自主回収を呼び掛けているそうだ。
倉庫近辺では衛生面やにおいなどが悩みのたねとなっている。早急に片付けたいところだが、製造業者も今更廃棄品を返されてもこまるだろう。