自販機離れ、メーカー苦肉の策

日本は約250万台が点在する「自動販売機大国」として知られるが、今飲料メーカー間の”陣取り合戦”が以前にも増して一層熾烈になっているそうだ。その背景にあるのは、消費者の「自販機離れ」だという。
それもそのはず。同じ缶コーヒーを買うにも近所のスーパーやドラッグストアなどの量販店に行けば100円以下で特売している日もあれば、コンビニでもポイントカードや電子マネーを使うと割引になることがある。にもかかわらず、自販機は基本的に
「定価」なので130円。手売りの店で安く買おうと考えるのは当然の消費者真理だ。
2014年の消費税も追い打ちをかけ、今や飲料販売全体に占める自販機ルートの販売比率は3割台まで落ち込むが、自販機の台数は減るどころか増え続けて飽和状態になっているという。
今街中の自販機を見ると、各メーカーの専用機に加え、いろいろなメーカーの売れ筋飲料が混在する”オールスター機”が増えたことに気づくだろう。これらは自販機台数を減らさずに、主力商品の相互販売で1本でも多く利益を取り戻そうとする飲料メーカーの苦肉の策だったのだ。
さらに、今年に入り”大型連合”の誕生が発表された。缶コーヒーブランドを数多く持ち、自販機売り上げ85%という驚異の数字を誇るダイドードリンコとキリンビバレッジの連携だ。今後、『ダイドーブレンド』『午後の紅茶』という両社の主力商品を同じ自販機で販売していくという。
ブランドの垣根を超えてシェア争いに突入した自販機。このまま利益追求の消耗戦が続き、消費者メリットを打ち出せなければ大手メーカーの自販機と言えども次々と街中から消えていくことになるかもしれない。とは言っても、ないと探し回ることもあるドリンクの自販機。完全になくなる、ということはそうそうないようにも思える。

食材としての「昆虫」・・・

世界人口の増加を背景に、食糧不足が懸念されている。国連食糧農業機関(FAO)が、栄養価の高さや飼育の際の環境負荷の小ささなどの観点から、食用昆虫を評価するリポートを公表したことをきっかけに、「昆虫食」への注目がされてるという。
昆虫は高タンパクでビタミンも豊富。さらに、1キロの食料を生産するために必要な飼料は牛や豚などの5分の1から10分の1で済むという。養殖によって排出される温室効果ガスも家畜より少ないこともあり、FAOは「エコ」の観点を強調している。
普及に向けての問題点のひとつは昆虫の姿だ。日本だと長野県などで昆虫を食べる習慣があるが、見た目に抵抗があるという人が大半だ。このためNPO法人の「食用昆虫科学研究会」では、カレーで煮込んだ理、衣をつけて揚げたりと、さまざまなレシピを開発しているという。ただ、肉類のかわりに大量に昆虫を食べるという生活の大転換はないとして、まずは肉や魚を補完する食材、酒のつまみやお茶請けが増えていくのではないかという話だった。
食料不足でやむをえないという状況にでもならない限り昆虫を食べたいとは思わないが・・・。しゃこやエビ、カニなども見た目が虫っぽいという理由から苦手とする人もいる。あなたのボーダーラインはどうだろうか?

芸能人 LINEブログ移行の動き

きゃりーぱみゅぱみゅ、ベッキー、鈴木奈々、小森純、松嶋尚美、五郎丸歩・・・。
女優や歌手、アスリートなど、これらの有名人たちが、昨年アメブロからLINEブログへ「移籍」しています。
実は、昨年は「アメブロ一強」と言われ続けてきたタレントのブログ業界が揺らぎ始めた一年。
現在、サイバーエージェントが運営するAmebaブログから、LINE株式会社が運営するLINEブログに移籍をしたり、新たにLINEブログでブログをスタートさせているタレントが増え始めているのです。
LINEブログの大きな特徴は、シンプルさ。
バナー広告やリンクが目立つアメブロとは異なって、LINEブログはブログ本文と写真以外には装飾がほとんどない。
こうしたデザインのシンプルさが大きな魅力になっているのは間違いないでしょう。
しかし、遺跡の理由はこれだけではない。
ブログ移籍の背景には、両者の報酬体系の違いがあります。
アメブロは、簡単に言えば広告モデル。
PR記事を書くことによって、タレントに報酬が入る一方、LINEブログはアメブロからの移籍金が出ることに加えて、ブログ更新に応じ、報酬が支払われると言われています。
したがって、ブログ更新によって安定した収入を得たい中堅タレント、アメブロでPR記事のPVが伸び悩んでいるタレントは移籍するメリットがあると指摘されています。
果たして、今後、芸能人ブログ業界はどのように変化していくのでしょうか・・・。