中二病で独語講座

12月に開かれる、あるドイツ語セミナーが異例の反響を呼んでいる。その名も「中二病で学ぶドイツ語」。100年以上の歴史がある日本とドイツの交流団体、公益財団法人「日独協会」が企画しているセミナーだ。ツイッターでは「習ってみたい」「絶対面白い」などと期待が高まっている。協会は急遽、会場変更をして多くの参加者を募っているという。
話題になっているのは12月4日に東海大学高輪キャンパスでで開かれる「中二病で学ぶドイツ語 さあ、はじめよう!狂乱の宴(ガイステスフェアヴィルングスフェストマール)を!」。
「文化セミナー『中二病で学ぶドイツ語』を12月4日(金)19時から行います。ドイツライター、信井太一さんとアニメと漫画を愛するプロイセン人、カウフ職員と一緒に中二病的表現からドイツ語にアプローチしてみましょう!申し込み受付中」このように、日独協会が公式ツイッターで告知をすると、700以上もリツイートされた。
「中二病」とはネットスラングの一つで、思春期の中学生、特に中学2年生ごろの子どもたちが抱きがちな空想や妄想、さらに格好つけた言い回しや振る舞いなどを揶揄した表現だ。
参加を呼びかけるサイト上には「日本のサブカルチャーに登場する『カッコいいけれども少し妄想がかった』中二病的ドイツ語のヴォルト(単語)やザッツ(文)から、ドイチェ・ヴェルト(ドイツ語世界)に接近してみませんか?」とある。日独協会の案当社・菊池菜穂子さんは今回のセミナーについてこう話している。「今回お話しいただく信井太一先生によると、中二病的世界とされるマンガやゲームといった日本のサブカルチャーでは、実はドイツ語がもとになった言葉が多いそうなんです」
菊池さんによると、ドイツ語独特の響きがサブカル好きの中二病的な人にとっては受けがいいという。
「何となく使われている中二病的な言葉が、日本でどういう傾向で使われ、本来はどういう意味を持つドイツ語なのかを知ってもらうことから、若い人にドイツ語に近づいてほしいと思っています」とのこと。
壇上に立つのは東海大学文学部ヨーロッパ文明学科の講師・柳原伸洋さん。ペンネーム「信井太一」でドイツのサブカルチャーや歴史についての著作が多数ある。第二幕にはプロイセン人の日独協会職員で、日本のアニメと漫画を愛するタベア・カウフ氏が登壇。「ドイツ語にしてほしい日本の中二病表現」を会場から募り、即座に答えて楽しんでもらうことにチャレンジするようだ。
当初の会場は30人ほどしか入れない協会のセミナールームだったが、予想外にツイッターで反響があり、定員120人の大学講義室に変更。サイトでは「信濃町((シュタットデスティーフェングラウベンス)から、高輪(ホーエスシュトローザイル)へ!!」とノリノリだ。
菊池さんは「こんなに話題になることは今までなかったので、びっくりしています。お勉強と言うよりも楽しんでほしいです」と話しているそうだ。
中二病表現にドイツ語を使いだしたのはいつ頃なのかは分からないが、確かにドイツ語だと何となくカッコいいような気がする気持ちはわかる。こんなに反響があるということは、やっぱりみんな中二病的な世界が好きなんだな。