市川拓司の世界観

甘酸っぱくて、切なくて、泣けてしまう、市川拓司原作の映画を紹介します。
市川拓司とは、東京出身の小説家。自身は発達障害であることも公表している。
その市川拓司の小説の世界観は、とても深く、言葉一つ一つが丁寧につづられ、表現が豊か。また、女の子なら思わずキュンとしてしまうストーリーで描かれている。
小説は苦手という人のために、市川拓司原作で、映画化されているものを紹介します。
まず、大ヒットともなった、「いま、会いにゆきます」この作品は、妻に先立たれ、一人息子と暮らす巧の前に、一年前に亡くなったはずの妻が現れるというストーリー。深く考えてしまうストーリーになっている。
つぎに紹介したいのが、こちらも大ヒットとなった、「ただ君を愛してる」。人と接することが苦手な誠人と、個性的で幼い容姿の女の子が、趣味の写真を通じて心を通わせてくストーリー。見ていると、甘酸っぱさが胸をときめかす。
恋愛映画を見たくなった時にはとっておきの2つの作品だ。

修造日めくり

ATPツアーファイナルで準決勝進出した錦織圭選手の活躍が記憶に新しいが、錦織選手の解説やインタビューなどでひときわ熱くなって目立っていたスポーツキャスター・松岡修造が人気を集めている。松岡修造氏の名言が日めくりカレンダーとなった「まいにち、修造!」は日めくりカレンダーとしては異例の増刷となった。「まいにち、修造!」は初版は1万5000部だったが、9月5日の発売開始からすぐ品薄状態に。今月19日に第3刷となり、すでに累計は4万部を突破しているという。1か月、31日分の日めくりカレンダーで、修造氏の顔写真に加えて「わがままでなく、あるがままに」「崖っぷち、だーい好き」「後ろを見るな!前も見るな!今を見ろ!」などの名言とさらにその解説文が掲載されているそうだ。少々暑苦しい気もするが、これだけ毎日励まされれば元気が出そうだ。

ヤミ市の歴史

終戦直後に生まれたヤミ市。その歴史はあまり語られてこなかった。ヤミ市の名残は新宿、吉祥寺、神戸・三宮などに残っている。

ヤミ市は第二次世界大戦の終戦直後、空襲や建物の強制疎開で空き地となった都市の駅前などに生まれた露天市場だ。配給制の食料だけでは足りず、食べ物や日用品を求める人でにぎわった。家庭や企業からの流出品や米軍の横流し品などが並んだ。工場や作業場などにまだ残っていた製品を持ち出したり、家々からは中古の日用品、農家から野菜や穀物・イモなどの食料など、各人がてんでに持ち込んだ品を扱う市場が成立した。次第にそれらの個人店が寄り集まり、小規模な商店街のようになっていった。ヤミ市では法外に高い価格で物品や食料が取引された。庶民はどうしても必要なものはそこで手に入れるしかないため、品物は飛ぶように売れたという。復興に伴う需要の低下や取り締まりの強化で徐々に姿を消していったが、都内を中心に面影を残す町が今も残っている。

ジョン=レノン

1940年10月9日、第2次世界大戦のナチス・ドイツ空襲下に置かれたリヴァプールで誕生。出生時、父親アルフレッドは商線の乗組員として航海中で不在、母ジュリアも他の男性と同棲していたため、母親の姉メアリー夫婦の下で育てられた。実の両親に育てられなかったことから、少年時代は反抗的でケンカ騒ぎを起こすことも少なくなかった。1956年のある日、エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴き、ロックの洗礼を受ける。この頃ジュリアにバンジョーのコードを教わり、音楽に関心を持つようになる。翌年、友人の紹介でポール・マッカートニーと出会い、ザ・ビートルズ結成のきっかけとなる。ビートルズはポップミュージック、特にロックンロールに大きな影響をもたらし、このジャンルの発展に貢献した。

1980年12月8日、自宅アパートの前で射殺された。

なお、オノ・ヨーコとの息子、ショーン・レノンも同じ誕生日である。

意外に厳しい

自転車は道路交通法上「軽車両」で規定があります。
二人乗りをすると2万円以下の罰金又は科料。
しかし、子供を乗せる場合、「幼児用座席を設けた場合に限り、16歳以上の運転者が、そこに6歳未満の幼児を一人だけ乗せてもよい」という規定があり、前後に二人乗せて走るのは違法になります。

自転車の安全ルール
・飲酒運転は禁止:【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・並進は禁止:【罰則】2万円以下の罰金又は科料
・夜間はライトを点灯:【罰則】5万円以下の罰金
・信号を守る:【罰則】3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
・交差点での一時停止と安全確認:【罰則】3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

意外に厳しいものですね。

フランシス・ゲーリー・パワーズ

U-2を使用した偵察活動の内容はソ連などの敵国上空から軍事施設やその他の重要施設の写真を撮影することであった。1960年5月1日、パワーズの操縦するU-2はソ連スヴェルドロフスク上空でソ連防空軍のSAM(地対空ミサイル)によって撃墜された。パラシュート降下したコスリノ(ロシア語版)で彼を救出した地元住民は当初赤軍兵士と勘違いしたが、所持品からスパイと見破った。

パワーズは公開裁判にかけられ、スパイ行為を行っていたことを自白した。8月19日、ソ連に対する諜報行為のため有罪を宣告され、禁固10年を言い渡され、シベリアに送られた。しかし、元OSSのドノバン弁護士とソ連側のシスキンKGB西欧本部書記官間の交渉により、1962年2月10日、東ドイツ(当時)・ポツダムのグリーニケ橋で、同じくスパイ容疑で拘留されていたアメリカの学生・フレデリック・プライヤー(フリードリッヒ通りで解放)とともに、アメリカで逮捕されたKGB大佐ルドルフ・アベルと交換する形で解放され、無事アメリカに帰国することができた。

シンクロニシティ

ユングのシンクロニシティの最も有名な例は、プラム・プディングに関わるものである。ユングの語るところによれば、1805年にフランスの詩人エミール・デシャン(en:Émile Deschamps)が、ドゥフォルジュボー(de Forgebeau)からプラム・プディングをご馳走してもらったことがあった。その10年後の1815年、デシャンはパリのレストランでメニューからプラム・プディングを注文したが、給仕は最後のプディングが他の客に出されてしまったと告げた。

その客とはドゥフォルジュボーであった。更に17年経過した1832年、 デシャンはある集会で再びプラム・プディングを注文した。デシャンは昔の出来事を思い出し、「これでドゥフォルジュボー氏が居れば役者が揃う」と友人に冗談で話していた。まさにその瞬間、年老いたドゥフォルジュボーが部屋に入ってきたとのことである。
ユングの説明とは裏腹に、デシャン自身はドゥフォルジュボーの名を「ドゥフォンジビュ(de Fontgibu)侯爵大佐」としていて、ナポレオンに敵対して戦ったと書いている。しかし「ドゥフォンジビュ」という名の軍人貴族はフランス史のどこにも登場しないため、このプラム・プディングの話はデシャンによる作り話と考えられる。

シンパ

シンパとは、ある人物や団体の政治的思想に賛同し信奉者となった人のことをさす言葉。英語のシンパサイザー(Sympathizer)の略で、共鳴者、同情者の意味が、転じて、影響力のある人物、団体の信奉者、支持者、賛同者等々の類語と同じような意味でも使われる。

政治的な話題の中で使われた際には、特に共産主義や社会主義の支援・援助する人のことを意味することが多いが、必ずしも特定の政治的思想を持つ人、特定の政治団体を支持する人に限定されるわけではない。

水車

動力機関としての水車は紀元前2世紀ごろ、小アジアで発明されたといわれる。古代ローマの技術者ウィトルウィウスの著作で水車は言及されているが、滅多に使われない機械としており、奴隷労働の豊富な古代ローマ社会においては一般に余り普及しなかったようである。むしろ文明の中心が地中海沿岸を離れ中・西ヨーロッパに移行した中世以降に、安定した水量が得られる土地柄も相まって、急激にその台数を増やした。

1086年のイングランドの古文書では、推定人口140万人の同地に5642台の水車があったことが記録されている。また、動力水車の使用法としては、それまではもっぱら製粉に限られていたが、10世紀ごろから工業用動力としても使われるようになった。現在英語のmillが水車を表すと同時に工場をも表すのはこのためである。このような水力の極限までの利用が、ヨーロッパにおける産業資本主義発生の原動力となったのは疑いがない。

カーマ

カーマは東京証券取引所の一部に上場していたが、2006年(平成18年)9月1日、ホーマック・ダイキと経営統合し、共同持株会社DCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)の傘下となった。一時期はカー用品店「イエローハット」のフランチャイジーとして、カー用品店をチェーン展開したが、撤退した。また、ホーマック・ダイキ・カーマの頭文字をとった・ホダカという店をオープンしている。一部地域では、地方スーパーと提携のフランチャイジー店舗を展開している。他の大手ホームセンター(カインズホーム・コーナン)などに比べると、PB(プライベートブランド)の比率は低く、NB(ナショナルブランド)中心の品揃えである。